Node.js(4) I2C

Webサーバとクライアント(ブラウザ)間でコネクションを維持したまま通信を行うsocket.ioライブラリを、Node.jsで使用してWebアプリを作成するのは思ったよりも簡単に出来た。socket.ioを使用するとブラウザ側からリクエストを送出する事無く、サーバ側から自動的に配信を行うPUSH型のアプリを作成できるので、今回はそれを試してみる。

Raspberry PiのGPIOポートにスイッチを付けてその状態を配信するだけでも良いのだが、シンプル過ぎて面白く無いので以前Pythonで使ってみた加速度センサモジュールを今回も使用した。加速度センサモジュールについてはここを参照。

前回と同じようにexpressフレームワークが生成したコードのpackage.jsonに、必要なライブラリの定義を追加。Raspberry Pi用のI2Cパッケージはいくつか存在するようだが、今回はこれを使用した。

{
  "name": "i2c_acc",
  "version": "0.0.0",
  "private": true,
  "scripts": {
    "start": "node ./bin/www"
  },
  "dependencies": {
    "body-parser": "~1.12.0",
    "cookie-parser": "~1.3.4",
    "debug": "~2.1.1",
    "ejs": "~2.3.1",
    "express": "~4.12.2",
    "morgan": "~1.5.1",
    "serve-favicon": "~2.2.0",
    "socket.io": "^1.3.5",
    "i2c": "~0.2.1"
  }
}

加速度センサからのデータ読み出しと、socket.ioによる通信はアプリケーションのエントリポイント”/bin/www”で、サーバオブジェクト生成後に呼び出されるapp_i2c.jsに記述。

var express = require('express');
var router = express.Router();
var i2c = require('i2c');
var addr = 0x1d;
var wire = new i2c(addr, {device: '/dev/i2c-1'});

function signed(n) {
  return (n < 128) ? n : n - 256; 
}

function app_i2c(server) {
  var io = require('socket.io')(server);
  wire.writeBytes(0x16, [0x05], function(err, res){});
  wire.writeBytes(0x10, [0,0,0,0,0,0], function(err, res){});
  setInterval(function() {
    wire.readBytes(0x06, 3, function(err, res){
      io.sockets.emit('event', {
        x: signed(res[0]),
        y: signed(res[1]),
        z: signed(res[2]),
      });
    });
  }, 100);
}

module.exports = app_i2c;

加速度センサを初期化した後、100msec周期でx,y,z値を読み出し、接続されているすべてのクライアントに対してその値を送信している。
続きを読む »

広告