NOOBS(2)

NOOBSの最新版(NOOBS_v1_3_4.zip)をSDメモリに展開して、手順通りにインストールを行ったのだが、Raspbianだけがインストールを選択できないという謎の症状に陥って、前回は結局NOOBS Liteでインストールを行った。

公式フォーラムに一部のSDカードで不具合が確認されているとの話があったので、別なSDカードを購入して再度試してみる事にした。

2014-02-24 09.29.34右が前回使用したシリコンパワー製のSDカード、左が新しく用意したPQI製のSDカード。できれば容量を同じにしたかったのだが、クラス10で同容量のが見あたらなかったので、8GBになってしまった。

前回と同じようにSDフォーマッターを使用して

  • 上書きフォーマット
  • 論理サイズ調整ON

でフォーマットを行ったあと、NOOBS_v1_3_4.zipをSDメモリ上に直接展開。クイックフォーマットや論理サイズ調整を行わずにフォーマットすると、正常に動作しない場合があるらしい。もちろん前回もそれは行ったのだが、それでもダメだった。

出来上がったSDカードをRaspberry Piに挿して起動すると、今度はちゃんとRaspbianを選択した時でもインストールボタンが押せる状態になった。半信半疑だったのだが、まさか本当にSDカードを代えただけで正常になるとは思わなかった。

インストールボタンをクリックして開始すると、自動的にダウンロードが開始されて最後まで完了。再起動すると設定プログラムraspi-configが自動起動する。

以前はraspi-configでSDカードの領域拡張を行う必要があったのだが、NOOBSの場合は既に拡張されているのでその必要性は無いようだ。

NOOBSを使用するとSDカードにイメージを展開する時にHDDを破壊してしまう危険性が無く、複数のOSを手軽に利用できるというメリットはあるのだが、トラブルが発生した時に解決する手がかりが無く、買ってきたSDカードをそのまま使用する事はできず結局再フォーマットの必要があるので、まだちょっと微妙な気がする。もう一歩という感じだろうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中