XRDP(2)

Windows8.1のリリースと同時に、マイクロソフトからiOSとAndroid対応のリモートデスクトップクライアントツールがリリースされた。

RDPに対応したリモートデスクトップクライアントなので、Raspberry PiにインストールしたXRDPサーバとも通信が可能なはず。と思い試してみた。iOS用はここ、Android用はここからダウンロードできる。

Android用はバージョン2.2以降とかなり古いバージョンから対応しているが、iOS用はバージョン6.0以降でないとダメなようだ。iOSデバイスは所持していないので、Androidスマートフォンへインストールを行って試してみた。

起動すると接続先一覧の画面になるので「+」のアイコンをタップしてRaspberry PiのIPアドレスとユーザ名、パスワードを入力。
20131021-200654

接続先がリストに登録されるので、それをタップ

20131021-200730

信頼されていない接続、という警告が出る(どの環境でも出るのかは不明)ので、Connect AlwaysかConnect Onceをタップ。
20131021-200815

間違いが無ければこれでXRDPサーバが稼動しているRaspberry Piのデスクトップに接続できるはずだが、Windows版のクライアントのように画面解像度を指定しての接続はできないらしく、常に端末側の解像度と一致した画面になってしまう。

20131021-200831

このため、4インチ程度のスマートフォンで接続すると異様に細かくなってしまい、文字がほとんど読めない。7インチや10インチであまり解像度の高くないタブレット端末のほうがこの用途には向いていると思う。
ピンチして画面の部分拡大もできないが、画面上部の移動アイコンをタップすると画面が拡大されて、スクロールして見ることができる。

20131021-201141

この時の操作方法がちょっと独特で、最初に中央の移動アイコンをタップしてから、指を離さずにスライドさせる事で画面がスクロールする。画面の一部を拡大表示している窓を、指で滑らせて移動するイメージ。
スマートフォン本体のメニューボタンで表示されるメニューバーで、特殊キーの入力も可能になる。右から2番目のアイコンでタッチパネルとマウスポインタが同期するようになるので、アイコンのダブルクリック等はそれで行える。

スマートフォンでの実用性はほぼ無いに等しいが、画面の大きいタブレット端末ならBluetoothキーボード等と組み合わせて開発に使えるかも知れない。Windowsへのリモート接続を行う場合もあるなら、一本のアプリで済んでしまうので選択肢として覚えておいても良いだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中