Komodo Edit(4) リモート実行

Komodo EditからPythonプログラムを実行する方法と、Raspberry PiでFTPサーバを動かしてリモート編集する方法は既に書いたが、両方を組み合わせてもRaspberry Pi上のプログラムをKomodo Editから実行する事はできない。

Raspberry PiでSambaを動かして、リモートドライブとしてマウントすれば実行は可能だが、その場合はWindows上で実行されてしまう。

LinuxのプログラムをWindowsからリモート実行させたい場合は、plink.exe を使用するのが簡単。plinkはSSH対応のターミナルエミュレータで有名なPuTTYと同じチームで開発されたユーティリティで、SSH経由でサーバ上のプログラムを実行させることができる。

まずPuTTYのダウンロードページからplinkをダウンロードして、PATHの通った適当な場所(“C:\WINDOWS\system32”等)にコピーする。

次にKomodo EditのToolboxパネルでNew Macroを選択。Toolboxパネルが表示されていない場合は、メニューのView→Tabs&Sidebars→Toolboxで表示させる。

新規マクロとして以下のJavaScriptを登録。Raspberry PiのIPアドレス、ユーザ名、パスワード、作業フォルダは適宜変更する。

if (komodo.view) { komodo.view.setFocus() };
komodo.doCommand('cmd_save')
ko.run.output.kill(-1);
setTimeout(function(){
   ko.run.runEncodedCommand(window,
      'plink -pw raspberry pi@192.168.0.81 python -i ./PythonProjects/%f');
}, 100);

マクロのKey Bindingで適当なショートカットキーも登録しておこう。

Komodo Edit(3)で書いたようにRaspberry Piのフォルダをリモートディレクトリとして設定したら、あとはそこでPythonプログラムを普通に書けば良い。リモート実行マクロに定義したショートカットキーを叩くと、Raspberry Pi上でプログラムが実行されて、以下のように結果が表示される。

remotepi

当然ながら結果が帰ってくるのはコンソールに出力するプログラムだけで、TkinterやPyGameで作ったウィンドウを表示するプログラムでは意味がない。その場合はVNCでリモートデスクトップを使うか、素直にRaspberry Piにモニタを接続して実行しよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中