GPIOピンアダプタ

Raspberry PiのGPIOコネクタを引き出して、ブレッドボードで使うためのアダプタがAdafruitからケーブルとセットで発売されているが、取り寄せると送料のほうが高く付いてしまうので自作してみた。

必要なパーツは以下の三つ

  1. 表面実装用ピンヘッダ
  2. 16ホールユニバーサル基板
  3. シングルインラインタイプピンヘッダ

いずれも秋月電子で購入できる。16ホールユニバーサル基板は3枚分使う。

GPIOのピンは26ピンなので、片側が13ピン。16ホールユニバーサル基板を3枚使うと12ピン分の細長い基板になるから、1ピン分不足するけど問題ない。作り方は完成した画像を見てもらえば一目瞭然。16ホールユニバーサル基板に13ピン分で折ったピンヘッダを差し、表面実装用ピンヘッダをはんだ付けするだけ。
713232885

はみ出した1ピン分は写真のように直接はんだ付けする。ユニバーサル基板を使わずに全ピン同じようにしても作れると思うが、強度的に不安があるので基板を使ったほうが安全。

はんだ付けする時は100均の粘土にピンを差してから行うと作りやすい。

出来上がったアダプタは、圧着して作った26ピンフラットケーブルを使ってこんな感じでブレッドボードと接続する。713233082

圧着工具は会社にあるので安く作れたが、無い場合はスイッチサイエンスで400円で売っているのを買った方がお手軽だと思う。万力でも圧着できないことは無いけど、なかなか力加減が難しくて何度コネクタを破壊した事か…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中